« April 2005 | Main | July 2005 »

商社マンの考える「商社とは?」#3(The Workaholic)

さて、本ブログにて自分なりの商社論を書いてきた。
纏めるとこうだ。

#1:商社=ルーター論
ここでは商社の機能についてAbstructに述べている。いきなり抽象論で分かりにくい内容だったかもしれないが、要するに「商社は自分が動くのではなく、有能な他人=他企業=モジュールを使ってナンボ」ということだ。所詮商社に難しいことなどできんよ、という自虐的な内容でもある。
#2:商社ビジネスモデル考
こちらは#1と違って分かりやすい内容。商社は労働力の薄利多売を行ってきたが、新たなBlack Boxを作る「投資銀行型」、Black Boxを公開しながらもImplimentation能力で優位に立つという「コンサルティングファーム型」に移行すべきだ、という内容。

こうしてSimplifyして並べ、Abstructに考えると実はこの両エントリが矛盾していることに気づくだろう。#1では「商社は簡単なことしかできない」と言い、#2では「商社は難しいことをすべき」と言う。
しかしこれは、この4年の間に(#2から#1への間に)私の考えが全く反対になったということではない。実は、立場が違うのである。#1ではコスト構造を分析すべく商社業務の骨格を露にしようという観点に立ち、#2では収入の方向性を考察するためビジネスモデルを検討する観点に立っているのだ。収益とは細かい話を抜きにすると要は収入-コストだ。収益性を上げるためには収入を増やすか、コストを減らすかしかない。#1では商社が如何にしてコストを減らすかについて示唆しており、#2では商社が収入をいかに増やすかを述べているのである。
では、単純に#1に従い有能なモジュールを使いコストを削減し、#2に従い投資銀行型やコンサルティングファーム型で収入を増やせばいいのか。恐らくそれは不可能である。単純でない理由は色々あるが、上では敢えて触れなかった#2のもうひとつの重要なポイント、即ち「薄利多売型事務代行なくしては、新たなビジネス展開は有り得ない」という点に理由がある。

Continue reading "商社マンの考える「商社とは?」#3(The Workaholic)"

| | Comments (206) | TrackBack (0)

商社マンの考える「商社とは?」#2のオマケ

前回のエントリは2001年頃の私の意見である。エントリ中で述べた通り、当時と変わりのないところもあれば、今は多少考えが変わっている部分もある。そして何よりかなり青臭い。というか書生くさい。
それでもなお敢えて今更公開した理由は、ひとつには以前との比較で今の考えを説明する為である。そしてもうひとつの理由は、はてなの伊藤氏(id:naoya)の次の言葉に触発されたからである。

僕は、真に参入障壁と呼べるものというのは、たとえその情報が開示されたとしてもそう簡単に真似できるものではなかったり、真似したからといってうまくいくものでもない、という事なんだろうと思っています。
Hatena::Diary::Naoya - 「隠さなくていいものは隠したってしょうがない」
まさにはてなは前回私が述べた「コンサルティングファーム型」を実現していると言えるだろう。
さらに、このエントリでは触れられていないが、はてなのHack公開に触発されたGeeksが、新たなHackを開発し、それはやがてはてなに還元されていくだろう。WWWやOpen Sourceの世界を支える知的共産主義の恩恵を受けて、はてなはますます「おもろいナニカ」のサービスをリリースしていけるわけです。
奇しくも昨日から再び大々的なニュースになっているDPF問題のエントリで触れたとおり、そもそも隠すこと自体が難しくなりつつあるこの時代に、我々商社マンが目指すべきビジネスもこうあるべきではないか。
そんなことをぼんやり妄想しています。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

商社マンの考える「商社とは?」#2(2001年頃考えていたこと)

商社の存在について、2001年頃とあるメーリングリストに書いた内容をエントリ。確か、「総合商社は専門商社化していくのか?」みたいな議論の中で出した意見。微妙に時代の流れを感じさせる部分もあるが、本質的には今も変わっていない気がする、商社自体も、自分の考えも。
先日の「商社=ルーター説」は一旦忘れて読んでください。



あらゆる商売というものは、Black Boxに高い対価を払っています。
たとえば、美味しいリンゴが不味いリンゴよりなぜ高いかというと、勿論需要が供給より高いからなのですが、なぜ需要が高いかと言えば、「美味しいリンゴを作る秘訣」がBlack Boxであるが故にCompetitorが減り、結果として需要が供給を上回ることになるからです。逆に、様々な業者が「美味しいリンゴを作る秘訣」を手に入れれば、市場参入者が増えることで供給が需要を上回り、価格は下落していきます。
また、消費者が「美味しいリンゴを作る秘訣」を手に入れれば、自分でかける手間隙によるコスト負担及び逸失利益が業者に払う対価を上回らない限り、「自分で作った方が安上がり」となり、結果として需要が下がることで価格は下落していきます。

Continue reading "商社マンの考える「商社とは?」#2(2001年頃考えていたこと)"

| | Comments (316) | TrackBack (1)

メモ:RESTとは

傭兵日記さんのREST入門が素晴らしい。入門編とあるが、Webサービス周辺をじっくり考えたり、色々いじったりしたことのある人ならしみじみ理解できるはず。このREST入門を読んで、さらに羊堂本舗さんのWIKIを読むと、スルメを噛み締めたときのようにじわりじわりと味が染み出すでしょう。

上記のあたりを色々読んで、何とか技術系じゃない人にわかりやすく説明しようと思って書いたのが下の文。
うーん、でも、技術じゃない人にREST云々説明する機会って微妙だなあ。まあ、今後そういうときの為のテンプレということで。


1.RESTの定義
REST=REpresentational State Transfer。
HTTPは「Hyper Text」をTransferするために作られたプロトコルだが、いまやTransferされるのはHyper Textだけじゃないよね(e.g. グーグルの検索結果とかって、単なるHyper Text文書じゃなく、何らかのプログラムの計算結果だよね)。これをRepresentational Stateと呼ぼう。

2.RESTとは
HTTP+URI+HTML+サーバ+ブラウザの組み合わせ。
というと狐に摘まれたようだが、要はそれ以上の複雑なものは必要ないということ。WWWの良さは、このシンプルさの中にある。
Roy Fieldingという偉い人が、HTTP/1.1を作るときにベースにした考え方。

3.SOAP vs REST議論→Webサービス有害論
SOAPはRESTに対して冗長であり、無駄が多く、その内姿を消すだろう、というのが2003年頃(もうちょっと前?)の議論。
最近は、それに加え、M$ vs IBMの標準化競争の為にWebサービスが無駄に複雑化している、RESTfulなアプローチがシンプルでイイということをAmazonやGoogleの中の人が言っている。
Webサービス自体を否定しているのではなく、SOAPやWSDL周辺(ws-ナントカ)に対する警鐘。
返す返すも、"Web Services considered harmful?"を「Webサービス有害論」って訳した人、確信犯だなあ。



よろしければ、この記事のご感想をお願い致します。
役に立った
面白い
いまいち
くだらん
憤りを覚えた

ココまで読んだ人→BLOGランキング

| | Comments (60) | TrackBack (0)

ソニーは変わったか?

PSP用ソフトとしてアダルトビデオがリリースされるそうである。
Call It the PlayStation Porn-Able [Wired News]
Wired News記事中に引用されているPSP Wikiによれば、7月上旬から続々と発売開始される予定とのこと。
前半に書かれている通り、嘗てベータマックスがVHSに敗北した理由のひとつは、SONYがアダルトコンテンツに難色を示したからである。結果として、「消費者の購買意欲を駆り立てる」という意味で優良なコンテンツを逃すことになり、技術的優位性を持ちながらもベータマックスは敗北した。それに比べれば今回の対応は非常に迅速だと言えるだろう。嘗てベータマックスがVHSに敗北した理由のひとつに、SONYがアダルトコンテンツに難色を示したと主張する人もいる。それが事実だとすれば、今回の対応は非常に迅速であり、歴史を繰り返さないよう配慮したものかもしれない。但し、この点に関してはコメントにて指摘あったとおり眉唾モノであり、録画時間の短さやマーケットコミュニケーションの失敗により、顧客ニーズを掴み損ねた、極論すれば技術力に胡坐をかいたことが原因であろう。
PSPという新しいハードを支える新たなメディアとして登場したUMDだが、ブルーレイディスクのようにひたすら大容量・ハイエンドなメディアとは逆方向のアプローチで作られたメディアであり、低容量ではあるがコンパクトだという利点がある。ひょっとしたら3.5"FDのように「破壊的イノベーション」になる可能性も秘めたメディアなのだ。SONYは密かにUMDでの「天下取り」を狙っているかもしれない。
いずれにせよ、PSPでのアダルトコンテンツのリリースは、成年層のニーズに応えるものであり、ベータマックスの頃と比べ、SONYは顧客志向に大きく舵取りをしたように見える。
果たしてSONYは変わったのか。
答えは「否」だと考える。

Continue reading "ソニーは変わったか?"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | July 2005 »